トラックを中古で購入する際には、トラック自体の費用のほかに様々な諸経費がかかることを認識しておく必要があります。一般的には新車を購入するのと同様に、自動車の重量税や自賠責保険料、リサイクル料などが前所有者から転嫁されるので、実際の購入価格にこの費用が上乗せされることになります。また、自賠責保険料も自動車を運転する際には必ず必要なものであり、車検前に購入する場合にはその残額を支払う必要があります。また、その車の状態にもよりますが一般的には登録が一時抹消されていることも多いので、登録を行うための登録費用がかかることも少なくありません。このような費用はその車の排気量や年式にもよりますが数十万程度かかることが多いため、この費用を購入費用に上乗せして考慮しておく必要があります。

諸費用の内訳をしっかり認識して購入しよう

中古のトラックを購入する場合には、基本的には車の購入価格が基準となりますが、その他にも様々な諸費用がかかることになります。そのため、車両本体価格は非常に安くても、既に登録が抹消されていたり、一時抹消のような形になっていた場合には登録諸費用がかかることになります。この登録諸費用はその車の状態により内容や金額が微妙に異なるので、その内訳を十分に確認して購入することが必要です。販売業者の中には登録諸費用に利益を上乗せして徴収するところも少なくありません。特に一時抹消の状態の場合には点検整備をして車検を受け、合格して初めて売却される形になるので、この点検整備の際に費用が上乗せされることも多いのです。そのため購入価格が安いと思って契約しても、様々な諸費用で結果として高額になる場合があるので、その内訳をしっかり確認してから購入することが大切です。

中古車で混乱することが多いリサイクル料

トラックのような業務用の車両であっても、自動車のリサイクル料は引き継がれて発生します。基本的には自動車を売る場合にはリサイクル料相当分は売主に還元され、次の所有者が負担することになりますが、中古車を販売する業者の中にはリサイクル料を売主に還元せず、新たな買い主には負担させる二重取りをするところも多いのです。これは車両本体価格に比べれば非常に少ない金額なのでついつい見落としてしまうことも多いのですが、購入する際にはその項目をしっかりと確認しておくことが必要になります。さらに購入する際にリサイクル料を支払ったと言う手続きを取らずに売却されることが多いため、全体の費用相場と比較して諸経費があまりに高額な場合には十分な確認を行うことが必要になります。同様に他の諸経費についても様々なコースがあり車の状態によってその項目や金額が変わるので、それぞれチェックをしておくことが重要です。